男性は風俗で遠慮する必要はない

 デリヘル、ソープ、ホテヘル、性感マッサージなど、どの風俗に対してもそうですが、女の子に対して男性は変に遠慮する必要はないです。

 気弱な男性ですと、風俗を利用してまで女の子に対して遠慮してしまうケースがあります。女の子に対して紳士的な気遣いをすることは良いことですが、それが行過ぎて遠慮してしまったのでは、何のために風俗を利用しているのかわかりません。

 風俗で働いている女の子は、一生懸命男性からの要望に応えようとしています。それが、女の子に課せられた仕事だからです。しかし、男性が遠慮して女の子に対してはっきり要求を言わないと、女の子はどうして良いのかわからなくんってしまい、困り果ててしまうのです。

 せっかくそれなりの金額を出して遊ぶわけですから、そこで男性が遠慮する必要はなく、自分の考えていること、思っていることをそのままハッキリと伝えることが男らしさです。

 そうしてハッキリと伝えてくれたほうが女の子としてもサービスしやすいのは一目瞭然ですし、単純にそのほうがお互いプレイを楽しむことができます。

 それでも、気弱な男性はなかなか意志を伝えることができないのかもしれませんが、そこはもう少し自分を強く持ちハッキリとした態度を取るべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ